ratitle

車の防錆と言えばラストアレスター


ラストアレスターは、1987年にCLI SYSTEM INC.(アメリカ・フロリダ州)で開発された画期的な電気防錆システムです。
電気防錆システムとは電気の力で金属に電子を補充し、金属の錆びを抑制する技術です。従来日本の防錆学会が考える電気防食は、電気を通し易い電解質として土とか水が必要と考えられており、主に水環境中あるいは土壌環境中の構造物に対して多く採用されています。
ラストアレスターは基本的に大気の湿度を介して制御された電流を流し防錆する事を考え開発されました。

使用事例としてアメリカのNASAや、日本ではJR、道路公団、自衛隊、バス各社、運送会社、など大手各社に採用され、またいすゞ、日野、日産ディーゼル、三菱、マツダなどの自動車メーカーの純正部品に指定されていました。 使用した方々からは高い評価を戴き、今日車の防錆と言えばラストアレスターと言われるほどになりました。

日本国内において性能を評価され各自動車メーカーに純正指定されていた商品は「ラストアレスター」だけです。
電気防錆と評し防錆効果を謳っているものには残念ながらあまり効果の期待できない商品も存在しますので御注意下さい。

ラストアレスターのQ&A
ラストアレスター装着事例へ

ラストアレスターの特徴

サビをおさえる

r-kouzou04防錆範囲が広く、寿命をグーンと延ばす。サビは金属の持つ電子が水や塩分などの電解質に奪われることから発生します。ラストアレスターは金属から奪われた電子を外部から補充してサビの発生を抑えます。

長期の効果

r-kouzou02半永久的な効果で、3年間の製品保証付き。電気的防錆ですので故障や電源を切らない限り作動し続け、消耗部品の交換により半永久的に効果を持続します。

塗装を守り、輝きを保つ

r-kouzou05光沢を保ち、塗り替え時期を延ばす。塗装の劣化は塗装面に無数にあるピンポイントと呼ばれる小さな穴や傷から水分が浸透して酸化することが原因です。そのピンポイントや傷に電子を送り込み、塗装の変質をおさえます。

効果は実証済

r-kouzou03試験で効果を実証。車メーカーの純正品。鉄道会社・道路公団・電力会社・運送会社・自衛隊・公官庁などで採用され、効果が実証されています。日本防錆技術協会の試験でも効果を証明されています。

無公害

r-kouzou06無公害で取り付けが簡単です。薬剤やケミカルを使用する吹き付け防錆は、作業者の健康を害したり、作業場を汚し、ひいては環境に害を与えるものもあります。ラストアレスターは電気的な防錆ですから人体や環境に害を与えません。

【ラストアレスター施行例】

rascbanner▼SCコーポレーション様とのコラボレーション企画
電子防錆機器『ラストアレスター』を使用した車の荷台防錆のページです。